鈴木糖尿病内科、診療時間のご案内

鈴木糖尿病内科、診療時間表

火曜午後の昼診は予約制で糖尿病教室と糖尿病外来を行います。
金曜午後の昼診は一般外来で予約以外の患者様も診療します。
休診は木曜・土曜午後、日曜、祝日です。
ほかに学会出張や講演会により臨時休診することがあります。

ページの先頭へ

鈴木糖尿病内科、予約制度

当院では患者様の待ち時間をできるだけ短縮するために予約診療を行っております。 初診の方は電話予約可能なので診療時間内に下記の電話番号までお電話ください。
慢性疾患で定期受診が必要な患者様にも予約診療をお勧めしております。外来受診時に次回受診日の予約を承ります。ご都合により予約変更やキャンセルを希望される方は、お手数ですが下記までご連絡ください。
尚、完全予約制ではありませんので予約外での診察も受け付けておりますが、予約優先となることをご了承ください。

鈴木糖尿病内科への予約電話番号、0566-42-5800

ページの先頭へ

鈴木糖尿病内科、診療案内

糖尿病が心配な方のご相談

家族に糖尿病が多い、口の渇きが気になる、食欲があるのに体重が急激に減った、尿の回数や量が増えたなどの症状がある方は糖尿病の可能性があります。特に定期的に健康診断を受けていない方は糖尿病検査をお勧めします。朝食を抜いて空腹で来院していただき採血および糖負荷検査をすると、糖尿病診断に必要な検査結果は即日にわかりますので、お気軽にご相談ください。

健診結果のご相談

当院では、健診にて糖尿病、高血圧、高コレステロール血症などで要精査と診断された方の2次健診、および生活指導を積極的に行います。健診結果をご持参いただければ、その結果に応じて空腹時採血、ブドウ糖負荷試験、自宅血圧測定などで病状を把握し、管理栄養士による食事指導を行い、患者様と相談のうえで投薬を開始します。治療は患者様のライフスタイルに最も合ったご提案をさせていただきます。病初期の患者様には、できるだけ患者様のご希望に添えるように投薬を開始したいと思います。

セカンドオピニオン

すでに糖尿病治療中の患者様のご相談も承りますが、可能であれば紹介状をご持参のうえでご来院ください。長期に渡って血糖コントロール不良であった方は、急速に血糖を低下させると合併症が進行することがあるため、糖尿病治療歴や眼底検査を確認したうえで治療を開始しなければいけません。十分な問診と検査を行ったうえで治療を開始する必要があり、必ずしもご本人の希望どおりの治療が選択できないこともあります。

インスリン導入

当院では外来通院でインスリン導入を行います。投薬で十分な血糖降下が得られない患者様や、1型糖尿病の患者様にはインスリン治療が必要です。インスリン治療を開始した方でも、自己インスリン分泌が保たれた2型糖尿病の患者様はインスリンを中止することも可能です。注射による痛みはほとんどありません。注射手技はとても簡単で80歳以上の高齢患者様でも可能ですが、家族の協力が必要な場合もあります。症状がないからといって高血糖のまま放置するのは大変危険です。

自己血糖測定

インスリン注射をしている方には自己血糖測定(SMBG:self-monitoring of blood glucose)をお勧めしています。患者様の病状やライフスタイルに合わせて測定する時間を指示して、インスリン量を増減します。インスリン注射を行っていない患者様でも、血糖測定することは大変よいことです。興味のある方は外来でご相談ください。

定期通院検査

糖尿病で定期通院していただく患者様は、毎月HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)と血糖、および検尿の測定を行います。HbA1cは院内で測定し当日に検査結果を説明します。採血は通常食後に行いますが、必要に応じて空腹時で行い、食前と食後の血糖値をみて治療法を選択します。検尿は腎症の評価のために尿蛋白や微量アルブミンを測定します。すべての検査結果は当院で用意した糖尿病手帳に記載して説明させていただきます。

ページの先頭へ